2007年1月8日、ある運命的な出会いにより、

スピリチュアルロックバンド、


”龍神”が誕生し、生きてきた20数年の中で、


忘れる事の出来ない1日となりました。





その日、剣詩と皇司(双子)は、

何かの力に導かれるかの様に、


龍を描かれている世界的に有名な巨匠、

 

龍敬子画伯と奇跡的に出会いました。








そして、

二人が双子という事や、音楽を一緒にやっている事などを、


色々な事を話していると、


龍敬子画伯に、バンド名とその意味を聞かれました。









二人は、バンド名とその意味を答えると・・・








「もっと、インパクトのある名前がいい」と言われ、


少し考えられていました。









その後、言われた名前が・・・









なんと!!
















"龍神"でした!!!!!










横文字のバンド名を付けていた、僕達からすると、


インパクトはあるものの、かっこいいーのかな?

という思いと同時に、とても神々しくて、

畏れ多い名前だなと感じました。






二人は、・・・思わず笑いが漏れそうな表情で、

お互いの顔を見合わせていました。







すると、真剣な顔で龍画伯が、





笑い事ではなく、名前は本当に大切なので、

一度真剣に考えてみたらどう?


みたいな事を言われました。






それでも、微妙な反応をしていた僕等に対し、







龍神にした方がいいと何度も言われ、

あなた達には龍神を名乗る資格があるのよと、


真剣に言われました。






それは、龍敬子画伯はある日啓示を受け、

龍を敬う子(龍敬子)という名前に


されたそうなのですが、




剣詩と皇司の二人は、もともと龍一族の元に生まれており、


それを名乗る資格は十分にあるとの事でした。







龍神を描かれている龍敬子画伯と出会い、

龍繋がりで龍神というバンド名を頂いたことに、








これは、偶然ではない!!と思い、










ここに、   
龍神   が誕生しました!!

龍神誕生秘話